気分が滅入る症状に注意|厄介なうつ病をしっかり治療する

2人の医師

専門の治療を受ける

相談

自分の症状を知る

うつ病と一口に言っても様々な症状があります。今まで楽しいと感じていたことが、まったく楽しいと感じなくなった、何に対してもやる気がないといった症状になることがあります。また、不安や悲しみの感情がわいてくる、朝は体調がすぐれないのに、夕方になると体調がよくなり、気分も良くなる場合もあります。一時的にでも気分がよくなることで自分はうつ病ではないと思っている人も多くいるようです。どんな病気でも同じなのですが、初期段階で治療をすることが最も効果を発揮します。このような症状がある場合には一度病院に行き、専門家に相談することをおすすめします。なんとなくおかしいと感じながらもそのまま放置することにより、重度なうつ病に発展してしまう場合もあります。重度なうつ病となれば、通常の社会生活が難しくなり、自分だけでなく家族にも心配をかけることにもつながります。世の中には、様々なスペシャリストがいて、自分がその気になれば、今抱えている問題の解決策、ヒントをすぐに教えてくれます。少しでもうつ病ではないかと疑いがあるのなら、すぐに専門家の意見を聞いてその意見を取り入れることが大切です。

何科に行けばいいのか

病院に行っても何科で診察を受ければいいのかと思う人もいるのではないでしょうか。うつ病に対して相談するのなら精神科です。感情的な不安を感じたり、やる気が出ないなどといった症状の場合には精神科でまず診察を受けることを大切です。精神科以外にも心療内科というものもあります。精神的な不安によって胃が痛い、肩こりや筋肉痛など体が痛いといった症状がある場合には、精神科ではなく心療内科での診察が最適です。心療内科では身体的な症状の改善を目的としています。うつ病といった症状から身体的な症状に発展しているといった場合には、まずこのうつ病を改善させる必要があるからです。心療内科では、臨床心理士のカウンセリングを受けることが可能です。基本的にカウンセリングは患者と臨床心理士の一対一で受けるものですが、初めてのカウンセリングで不安に感じている場合には、家族や恋人などの付き添いも可能です。