気分が滅入る症状に注意|厄介なうつ病をしっかり治療する

男性医師

専門の治療を受ける

相談

うつ病が重症化すると社会生活に大きな影響を及ぼすことから、初期段階での治療が大切です。そのためには、少しでも疑いがあるのなら専門家に相談をすることが必要になります。うつ病の疑いがある場合には、精神科の先生に相談してみることが重要です。

詳細を確認する

ストレスが生み出す病気

塞ぎ込む女性

誰でもなる病気

「気分が滅入る」「憂鬱だな」という感覚は誰しも感じた気分であり、特別な人間だけが味わう気持ちではありません。うつ病と呼ばれる病気はこれと近いものかも知れません。うつ病は不安障害や不眠症といった焦りや周囲環境への葛藤が現れ、抑うつ的な状態が継続する状態をいいます。現代の社会ではストレス社会といわれるような外圧も多く存在するため、少し心が疲れてしまうこともあります。このような症状が出た場合は心療内科や心理士、セラピストなど専門的な見地からのアドバイスをもらうことが肝要となります。また薬物療法を効果的に利用することでうつ病の症状は大きく改善されることが多く、日常生活にも支障きたすことのないレベルまで改善させることも可能です。また自助グループや地域活動への参加なども対人関係の構築やストレスの発散などが行われるため、効果的とも言われています。また内面の自分を見つめることにより悲観的な思考から自身を擁護できる思考へと移行させる認知行動療法も注目されています。

新たな注目点

近年、若者に急増している「新型うつ病」と呼ばれる疾患が注目されています。従来型のうつ病とは少々様相が異なっており、「意欲が出ない」「思考力や集中力が乏しい」などの状態は同じなのですが、表面的には日常生活には大きな支障が出ているわけではなく労働や家事などについてはきちんとこなすが、何事につけ周囲のせいにしたりして軋轢を生じさせたり、責任感に乏しく、また自分がうつ病であると公言したりという特徴を持っています。一見「怠け者」とみられがちですが、本人は至って一生懸命に努めている場合が多く、それがストレスとなっていることがあります。うつ病になりやすいタイプとしては「繊細」「几帳面」「頑張り屋」ということが言われます。人に気遣いができ、気配りができるがゆえに、気を回しすぎて疲れてしまうというのがこの病気の本質になります。従来型も新型であっても、焦らず長期的な療養を心掛け、睡眠や生活のリズムを整えてゆっくり休養することが必要となり、治癒への近道となります。

心と体の病気です

うつ向く女性

うつ病は以前まで、責任感の強い方や真面目な方が発症しがちだと言われていました、しかし最近では罹患率も増えたことにより、誰しも罹る可能性のある恐ろしい病気なのです。うつ病の兆候が見られた際には、すみやかに心療内科等心の病院へと足を運びましょう。

詳細を確認する

病気改善のための工夫

女の人

毎日の生活においてちょっとした工夫をするだけでもうつ病の治療改善に効果があります。ここでは誰でもできるイメージトレーニングを行ってうつ病にならないようにする病気予防方法について解説しています。日々の生活習慣を改善して健康的な生活を送りましょう。

詳細を確認する

心の病に気付いていますか

うつ病

うつ病は脳内の神経伝達物質の動きが悪くなり、意欲が低下したり思考力が落ちたりする病気です。治療には薬物療法とともに認知行動療法によって柔軟な思考力を取戻し、回復を目指していきます。抗うつ薬は副作用が伴いますが、数週間すると気にならなくなり、効果が期待できるものが数多く開発されています。

詳細を確認する

心の風邪に対する取り組み

カウンセリング

うつ病に罹患した人は、自ら病院に行くことが難しい状態にあります。家族や同僚の協力も必要になってきます。そして、もう一つの存在として重要なのが医療コーディネーターのシステムです。治療に入る前の患者の相談に乗ったり、家族を支援するのがその人たちの仕事です。

詳細を確認する